日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理石川県の郷土料理 >河豚の卵巣の糠漬け(ふぐのらんそうのぬかづけ)とは

日本の郷土料理図鑑

河豚の卵巣の糠漬け(ふぐのらんそうのぬかづけ)

河豚の卵巣の糠漬けとは、その名の通り、ふぐの卵巣を塩漬・糠漬けにしたもので、石川県に伝わる伝統的な郷土料理。「河豚の子糠漬け」とも呼ばれる。
フグの卵巣には肝臓と同様に致死性の高い毒素が多く含まれているため、そのままでは食べる事はできないが、2年以上にもわたって塩漬けおよび糠漬けにする事で毒素を消失させる事ができる。
しかし何故無毒化されてしまうのか、今も解明されていない。
その濃厚な味は酒の肴として重宝され、米飯とともに食べる事もある。
また、糠漬けの後にさらに酒粕に1ヶ月漬け込むと「河豚の子粕漬け」となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

河豚の卵巣の糠漬け(ふぐのらんそうのぬかづけ)のおすすめサイト・通販情報

河豚の卵巣の糠漬け(ふぐのらんそうのぬかづけ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。