日本の郷土料理図鑑

ローメン

ローメンとは、肉と野菜を炒め、蒸した太めの中華麺を加えた長野県伊那地方の郷土料理。炒肉麺(チャーローメン)とも呼ばれる。
スープを加えたラーメン風のものと、スープのないソース焼きそば風のもの、カレー味のもの、冷やしローメンなど、料理店によって様々なバリエーションがある。
麺は中太で水分が少なめの中華麺を使用する。全国的に焼きそば用として売られている麺と比べて色が茶色っぽく食感が硬い。

具はマトンなどの肉とキャベツなどの野菜を、スープ、またはウスターソースなどで炒める。マトンの代わりに豚肉や牛肉などが使われる場合もある。
薬味は、一味又は七味唐辛子などが一般的。お好みにあわせ、ソース、酢、ごま油、ラー油、すりおろしニンニク等を加えても美味しい。
1955年に、伊那市の中華料理店の主人が、地元の製麺業者の協力を得て考案したのが始まりとされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ローメンのレシピ・作り方

(3人分)
1.豚ばら肉(150g)、キャベツ(5枚)を食べやすい大きさに切る。
2.フライパンに油をひき、豚ばら肉とキャベツを炒める。しんなりしてきたら、お湯(270cc)を加え煮立てる。
3.煮立ったら、しょう油(大さじ9杯)、砂糖(小さじ3杯)、すりおろしたにんにく(大さじ1杯)を加え、焼きそばの粉末ソースを入れ、よく混ざりあったら焼きそばの麺3食分入れてほぐし、煮えたら火を止める。
4.お皿に盛りつけ、酢とごま油お好みでかけたら出来上がり。

 

ローメンのおすすめサイト・通販情報

ローメンに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。