日本の郷土料理図鑑

おやき

おやきとは、小麦粉やそば粉などで作った皮で、野菜の惣菜や山菜などで作った具を包み、焼いたり蒸したりした郷土料理。
「焼き餅」「あんびん」「ちゃなこ」「はりこし」などとも呼ばれる。
中に包まれる具は、なすの味噌和え、野沢菜炒め、おから、切干大根、キャベツ、かぼちゃなど各家庭ならではの具が入れられるのが特徴。
皮も、ふっくらしたものや、もっちりしたもの、油焼き、灰焼きなど各家庭や地域によって様々な作り方がある。

発祥は北信地方・安曇野地方とされる。山に囲まれ雪の多い地域では、稲作の収穫量が乏しく、お米の代用品としてそばや小麦が栽培されていた。古くは縄文時代より粉もの料理が作られていたとされ、囲炉裏などでおやきを焼いていたのがはじまりとされる。現在は長野県全域で作られお土産品として長野の名産品となっている。
酒の肴やおかずとして、特にお盆には欠かせないものとして、今でも多くの家庭で作られている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、長野県の郷土料理として「信州そば」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

おやきのおすすめサイト・通販情報

おやきに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。