日本の郷土料理図鑑

おしぼりうどん

おしぼりうどんは、「ねずみ大根」という辛めの大根をすりおろし、ふきんで搾った汁に信州味噌を溶かしてつゆを作り、うどんをつけて食べる長野県埴科郡坂城町周辺の郷土料理。大根おろしではなく、搾り汁を使うのがこのうどんの特徴で、おしぼりうどんの「しぼり」とはこの絞り汁から来ている。
ねずみ大根以外にも、中之条大根、上野大根、戸隠大根など辛みのある大根が用いられる。薬味には刻みネギ、削り節などを添える。

また、同じ長野県の戸隠や千曲市には「おしぼりそば」も存在する。同様に辛味大根の絞り汁に味噌を溶かしたものをつゆとして冷たい蕎麦を浸して食べる。
おしぼりうどんの発祥は、信州は海が近くになく昆布やかつお節といった海産物は手に入りにくく出汁にできず、また、しょう油も当時は高級品であったためこのような食べ方が考案されたと考えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

おしぼりうどんのおすすめサイト・通販情報

おしぼりうどんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。