日本の郷土料理図鑑

水沢うどん

水沢うどんとは、群馬県渋川市伊香保町水沢にあり、飛鳥時代創建で坂東三十三ヶ所の十六番目の札所としてしられる由緒ある「水沢寺」付近が本場の手打ちうどん。
秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんとならび、日本三大うどんのひとつと称される。
特徴は、やや太めでコシがあり、透き通る感じの白い麺。一般に冷たいざるうどんで提供される。つけ汁は各地域や店により異なるが、主にしょうゆだれとゴマだれがある。
約400年前、水沢寺の参拝客向けに、地元産の上質な小麦と水沢山から湧き出た名水でつくられた手打ちうどんが振舞われていたのが発祥とされる。
群馬県は古くから小麦の栽培が盛んで、現在でも小麦の生産量全国第2位を誇る。
また、水沢うどんは冷うどんが考案された始めてのうどんとして知られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

水沢うどんのおすすめサイト・通販情報

水沢うどんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。