日本の郷土料理図鑑

こしね汁

こしね汁とは、「こんにゃく」「しいたけ」「ねぎ」の頭文字を取って名づけられた郷土料理。
地元特産のこんにゃく、しいたけ、ねぎをはじめ、地元野菜をふんだんに使い、野菜嫌いの子どもでも野菜を多く食べられるように作られた具だくさんの「食べるみそ汁」。
豚肉や油揚げなどが入っているのでコクがあり食べやすく、しかも栄養価が高い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

こしね汁のレシピ・作り方

1.ごぼう(1/2本)をささがきにし、水につけてあくを抜く。里芋(2個)は厚めのいちょう切りにし、塩もみした後さっとゆがいてぬめりをとる。大根(5cm)、にんじん(3cm)はいちょう切りにし、油揚げ(1枚)は油抜きした後1cm幅の短冊切りにする。豆腐(1/2丁)はさいの目切りにし、ねぎ(1本)は斜め切りにする。しいたけ(2~3枚)は4等分に切り、板こんにゃく(1/2枚)は一口大にちぎり、お湯でさっとゆがいておく。
2.鍋に水5カップを入れ、大根、にんじん、ごぼう、しいたけ、里芋を加えて火にかける。
3.里芋がやわらかくなったらネギとこんにゃくを加えてひと茹でする。
4.油揚げと豆腐を加え、だしの素(小さじ2杯)、みそ(小さじ2杯)、しょう油(小さじ1杯)を加えて味が付いたら出来上がり。