日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理秋田県の郷土料理 >稲庭(いなにわ)うどんとは

日本の郷土料理図鑑

稲庭(いなにわ)うどん

稲庭うどんとは、秋田県南部の手延べ製法で作られる干しうどん。日本三大うどんのひとつに数えられる。
伝統の職人技による独特の手延べ製法の麺は、やや黄色味かかった乾麺で、つるつるとした喉越しとしっかりとしたコシが特徴。細めの麺で茹で上がりも早い。
温麺や冷やし麺など、季節に応じ1年中食べられる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、秋田県の郷土料理としてきりたんぽ鍋と共に選ばれている。

稲庭うどんの発祥は諸説あるが、寛文年間以前に秋田県湯沢市稲庭町の佐藤市兵衛によって始まったと「稲庭古今事蹟誌」に伝えられている。また、その製法技術は、福岡からもたらされたとする説や山伏から教えられたとの説もある。江戸時代には秋田藩の名品とされ、各藩への贈答品に用いられていた。明治になってからも宮内省以外では食べられる事がないほどの高級品だったとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

稲庭(いなにわ)うどんのおすすめサイト・通販情報

稲庭(いなにわ)うどんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。