日本の郷土料理図鑑

牛タン

牛タンとは、牛のタン(舌)をスライスしたものに塩やタレなどで味付けをして焼いた仙台の名物料理。
「仙台牛タン」との名称で知られており、やや厚切りにした牛タン焼きと、テールスープをともに提供する「牛タン定食」が、地元の飲食店での定番となっている。
また、味付けは「タン塩」、「味噌」「からし味噌」といったタン肉自体の味噌漬けの焼肉も定番。
牛タン焼き以外のメニューとしては、「タンシチュー」や「牛タンしゃぶしゃぶ」、「タン刺し」や「牛タン寿司」などのバリエーションがある。また、お土産用として、くん製や佃煮などもある。
駅弁としても販売されている。

牛タンの「タン」とは英語のtongueから由来している通り牛の舌部を指す。
太平洋戦争後に仙台に駐留米軍が残した牛肉のタンとテールを有効に活用するために、1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「太助」が牛タン焼きの専門店を開業したのが牛タンの始まりとされる。当時は「珍味」とされていたが、仙台の単身赴任者などにより、低脂肪で高タンパクな健康的イメージとその味が評判となり全国に広まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

牛タンのおすすめサイト・通販情報

牛タンに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。