日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理宮城県の郷土料理 >白石温麺(しらいしうーめん)とは

日本の郷土料理図鑑

白石温麺(しらいしうーめん)

白石温麺(しらいしうーめん)とは、宮城県白石市で生産される特産品で素麺のひとつ。白石温麺の「温麺」は、「うーめん」または「ううめん」と表記されているが、かつては「雲麺」と書いて「うんめん」とも呼ばれていた。
一般の素麺は生地を延ばす際、表面の乾燥を防ぐために油を塗るのに比べ、温麺は油を用いないのが特徴。およそ10cm程度の短い束にして販売される事が多く、そのため茹で時間が短くてすみ料理がしやすいとされる。
食べ方は、醤油や味噌で煮込んだ汁につけて食べるのが一般的。また、温麺と表記するが冷やしても食べる事が出来る。

江戸時代初期、白石に住んでいた大畑屋鈴木浅右衛門が、胃病を患う父親のため、胃に負担のかからない油を使わない素麺の作り方を、旅の僧侶に教わったのがはじまりとされる。
それをきっかけに、浅右衛門は名を味右衛門と改めて温麺製造を営んだ。
油なしの素麺はさっぱりして上品で、他の素麺より高級とされ、東北地方南部に流通し、藩主の伊達家から大名・公家への贈答の品としても用いられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

白石温麺(しらいしうーめん)のおすすめサイト・通販情報

白石温麺(しらいしうーめん)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。