日本の郷土料理図鑑

豆パン

北海道では、生地に甘納豆を用いたアンパンのような丸い菓子パンを指す。
甘納豆パンは、北海道が発祥の地とされているが、石川県にも甘納豆を用いた豆パンがある。北海道では、戦時中には代用食として食され、学校給食のパンとしても古くより食べられており、北海道を代表する菓子パンのひとつ。一部の地域では、コッペぱんタイプの甘納豆パンがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

豆パンのレシピ・作り方

(12個分)
1.強力粉280g/薄力粉70g/ドライイースト7g/砂糖40g/塩5g/スキムミルク10gをボウルに入れて混ぜる。
2.1に水(200ml)を加えてよくこね、ひとまとまりになったらバター(35g)を加えて更にこねる。
3.2がなめらかな生地になったら丸めてボウルに入れて約40分程おき一次発酵させる。
4.生地が2倍にふくらんだら、12個に分けて丸めてベンチタイムを約10分ほど取る。
5.豆(250g)をよくふきとったら、4で作った生地で豆が表面に出てくるように包み、オーブン皿に並べて約20分発酵させる。
6.表面に塗り卵をし、170℃で約15分ほど焼いたら出来上がり。

 

豆パンのおすすめサイト・通販情報

豆パンに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。