日本の郷土料理図鑑

もんじゃ焼き

もんじゃ焼きとは、お好み焼きの元になった料理。お好み焼きに比べ小麦粉を溶かす水の量が多く、またソースなどの調味料を一緒に混ぜ込むのが特徴。鉄板にコテで押さえつけて焼きながら食べるので、鉄板に接する外部は食感がパリッとしているが、押さえつけが足りない部分などはトロッとしている。
「もんじゃ」と呼ばれる事も多く、「もんじやき」「ぼったら」「ぼった」と呼ぶ地域もある。
発祥は、江戸中期の江戸で作られた仏事用菓子「麩の焼き」であるとされる。その後、麩の焼きを起源として江戸末期から明治にかけ、味噌の代わりに餡を巻いて作る「助惣焼」が生まれる。

これが東京や大阪で大流行し、明治時代に「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれた。東京都台東区浅草近辺が発祥地と考えられている。もともとは主に間食(おやつ)として食べられていた。
名前の由来は、焼く際にゆるめの生地で文字を書いて遊んだことから「文字焼き」と呼ばれ、「もんじ焼き」これが「もんじゃ焼き」となったとの説が有力。
後に、このもんじゃが変化して「お好み焼き」「どんどん焼き」が出来上がった。
関東地方で多く食べられ、東京の下町と埼玉県南部・東部、群馬県東部と栃木県南部に店が多いが、もんじゃ焼きを食べる地域は日本各地にあり各地の特徴がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

もんじゃ焼きのおすすめサイト・通販情報

もんじゃ焼きに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。