日本の郷土料理図鑑

べったら漬

べったら漬とは、大根の皮を厚めに剥き、下漬けで塩押しした大根を、砂糖、米、米麹で本漬けしたもので東京を代表する名産品。表面についた甘酒の麹がべとべとしていることからこの名がついた。 ポリポリした歯ざわりと甘く淡白な味が特徴。食べる際には大きめに切るのが一般的。
漬け込んで10日から15日で食べられるが、風味が変わるのも早く保存性は低い。
べったら漬の歴史は古く、江戸時代の宝田恵比寿神社例祭の市にさかのぼる。毎年10月19日の夜には、日本橋本町の宝田神社を中心とした日本橋、大伝馬町、堀留町、人形町近辺の通りで「べったら市」が開かれ、べったら漬が売り出される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

べったら漬のおすすめサイト・通販情報

べったら漬に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。