日本の郷土料理図鑑

どぶ汁

どぶ汁とは、茨城県や福島県南部の太平洋沿岸地域に伝わる漁師料理。
名前の由来は諸説あり、あん肝から出る肝油でスープがオレンジ色ににごり、酒のどぶろくの様に見えることからこの名がついたという説や、あんこうの全てを使う事から、「全て」という意味をもつ「どぶ」という言葉を取って「どぶ汁」としたとの説もある。本来は水を加えずに作る調理法がどぶ汁と呼ばれていたが、現在では水を加えても、あん肝から出る肝油でスープが濁る鍋ならば「どぶ汁」と呼んでいる。
北茨城市や大洗町を中心に食べられるどぶ汁は、鍋で生のあん肝を炒めた後にあんこうの身や野菜をいれるほか、出汁も加える。通常のあんこう鍋と比べると、汁が濁るほどあん肝の量が多いのが特徴で、濃厚で深みのある味わいになる。
また水を加えないどぶ汁も存在し、これは北茨城市や大洗町、日立市など、常磐沖の漁師の家庭か一部の店などでしか食べる機会がなく、高価な料理とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

どぶ汁のレシピ・作り方

1.生のあん肝を入れて火を通し、肝をヘラなどで刻みながらオレンジ色になるまで溶かしペースト状にする。
2.あんこうの身や、白菜、大根、ネギなどの野菜を加える。
3.最後に味噌で味を整えて完成。

 

どぶ汁のおすすめサイト・通販情報

どぶ汁に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。