日本の郷土料理図鑑

カステラ

カステラとは、泡立てた卵に小麦粉、砂糖(水飴)を混ぜ合わせた生地を焼いた菓子のひとつ。日本のカステラは長崎が本場とされ、「長崎カステラ」は長崎市にある「福砂屋」が元祖とされる。
四角の型に流し込みオーブンで焼いた後、適度な大きさに切って食べる。水飴を用いているので、しっとりとした食感が特徴。また、牛乳、抹茶、黒糖、チョコレート、チーズなどを加えたものなど、様々なバリエーションがある。

元々はポルトガルの南蛮菓子で、16世紀の室町時代末期にポルトガルの宣教師によって長崎周辺に伝えられたとされる。当初のカステラは卵、小麦粉、砂糖で作ったシンプルなものだった。
乳製品を用いない菓子だった事から、乳製品を生産していなかった当時の日本でも定着していったとされ、引き釜の炭火を用いる日本独自の焼き方が考案され発展した。
名前の由来は、スペインの「カスティーリャ王国」のポルトガル発音「カステーラ」から来ているという説や、カステラ製造過程でメレンゲを高く盛り上げる際「お城のように高くなれ」と言ったことから、お城を意味する「カステロ」がなまり「カステラ」となったという説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

カステラのおすすめサイト・通販情報

カステラに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。