日本の郷土料理図鑑

飛龍頭(ひりょうず)

飛龍頭とは、豆腐を小魚のミンチ等と混ぜ合わせ、丸く形を整え油で揚げた天ぷら料理。いわゆる「がんもどき」の関西や中国地方の呼び方。
約250年程前、大畠町(現・柳井市)の漁師が、長崎の町人から伝えられたのが発祥とされる。
「飛龍頭(ひりょうず)」という呼び方は、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子をポルトガル語で「Fillos(フィリョース)」と言う事から、それが訛ったものと言う説がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

飛龍頭(ひりょうず)のおすすめサイト・通販情報

飛龍頭(ひりょうず)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。