日本の郷土料理図鑑

ちしゃもみ

ちしゃもみとは、チシャレタスを塩、または酢揉みし、味噌かしょう油で和え、炒ったちりめんと胡麻を散らしたもの。広島県、山口県、岡山県、香川県などで、お惣菜として食べられる庶民的な夏の郷土料理。ちりめんの代わりに、焼いた塩鯖や缶詰等も使われる。
北広島町がチシャレタスの一大産地のため、周辺でよく食べられている。山口では「ちしゃなます」とも呼ばれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ちしゃもみのレシピ・作り方

1.チシャレタスをよく洗い、包丁か手で食べやすい大きさに切る。
2.1のチシャレタスを塩揉み、または酢に塩を入れた物で揉み、しんなりとしてきたら絞って水気を切る。ボウルに入れて、味噌か酢味噌で和える。
3.煮干しを炒ってもみほぐした物を2に混ぜて出来上がり。
※地域によっては、焼いた魚のほぐし身やしめ鯖を混ぜたり、酢しょう油で味付けをする場合もある。

 

ちしゃもみのおすすめサイト・通販情報

ちしゃもみに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。