日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理山口県の郷土料理 >岩国寿司(いわくにずし)とは

日本の郷土料理図鑑

岩国寿司(いわくにずし)

岩国寿司とは、山口県岩国市周辺で食べられる押し寿司のひとつ。地元では「角ずし」、または「殿様寿司」とも呼ばれる。
一度に3升から1斗入る大きな箱桶の中に、サワラやアジなどの魚の身をほぐして混ぜ込んだ酢飯を入れ、青菜、れんこん、椎茸、錦糸卵、エビなどを上から乗せて、これを何層にも重ね上から重石を押して作る。見た目はちらし寿司風。層の合間にはバショウやハスの葉を用いるのが特徴。
大きな桶を用いるため、一度に何十人前分を作る事が出来る。食べる際はそれを切り分ける。

かつて、山城のために水が確保できなかった岩国城で、戦に備えるため岩国藩主が保存食として考案したという説や、藩主への献上品といった説など、その発祥には諸説存在する。
現在では、見た目の鮮やかさから、お祝いの席などには欠かせない一品となっている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、山口県の郷土料理として「ふく料理」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

岩国寿司(いわくにずし)のおすすめサイト・通販情報

岩国寿司(いわくにずし)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。