日本の郷土料理図鑑

瓦そば(かわらそば)

瓦そばとは、熱した瓦に茶そばや肉、錦糸卵などの具を盛り付け、麺つゆで食べるそば料理で、山口県下関市豊浦町の郷土料理。川棚温泉の旅館などを中心に食べられている。
西南戦争の際に薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べていたという話を参考に、1961年(昭和36年)に高瀬慎一が考案したとされる。
地元の各家庭では瓦を使う事はほとんどなく、フライパンやホットプレートで調理して食べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

瓦そば(かわらそば)のレシピ・作り方

1.茹でた茶そばを鉄板などで、焼き付ける様にして火を入れる。
2.熱した瓦の上に茶そばをのせ、錦糸卵と甘辛く味付けした細切れの牛肉などの具材を盛りつけ、その上から薬味として、ねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしなどを乗せる。
3.茶そばと他の具を一緒に温かいめんつゆにつけて食べる。

 

瓦そば(かわらそば)のおすすめサイト・通販情報

瓦そば(かわらそば)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。