日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理岡山県の郷土料理 >吉備団子(きびだんご)とは

日本の郷土料理図鑑

吉備団子(きびだんご)

吉備団子とは、きびの粉と餅米の粉を混ぜて求肥を作り、小さく平な円形に形を整えて仕上げた餅菓子のひとつ。岡山県のお土産品として知られる。
しかし岡山県民が日常的に食べたり、贈答用に使うことはあまり多くないようである。
同じく岡山県の特産品であるマスカットのシロップを包み込んだ「マスカットきびだんご」や、白桃のシロップを包み込んだ「白桃きびだんご」、吉備団子にきな粉をまぶした「きな粉きびだんご」など、数種類のバリエーションがある。

吉備団子の発祥は、吉備津神社の祭礼においての供え物を酒宴の席で振舞った事から参拝土産品として用いられるようになったとする説や、幕末において岡山城下町の人々が赤色のカキ餅風の和菓子を製造し茶請け用にしたものが起源とする説など、諸説伝えられている。1890年頃、岡山駅で初めて販売され全国的に有名となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

吉備団子(きびだんご)のおすすめサイト・通販情報

吉備団子(きびだんご)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。