日本の郷土料理図鑑

奈良漬け

奈良漬けとは、白うり、きゅうり、すいか、しょうがなどを塩漬けにし、新しい酒粕(さけかす)に何度か漬け替えながら作る漬物。
1300年以上前より「粕漬け」として存在していた。当時は上流階級の人々の保存食として食べられており、高級食という認識が強かった。また、当時は「どぶろく」で漬けられていたため、粕とは搾り粕ではなく酒の底に溜まる沈殿物の事だったとされる。
江戸時代に入ると、奈良漬けは奈良の名産品として普及。庶民にも広く食べられるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

奈良漬けのおすすめサイト・通販情報

奈良漬けに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。