日本の郷土料理図鑑

かつめし

かつめしとは、お皿に盛ったご飯の上にビーフカツ(またはとんかつ)を乗せて、その上にタレをかけた料理で、兵庫県加古川市の郷土料理。キャベツを添えて出される事が多い。
その発祥は1953年頃。ビーフカツとご飯を一緒にした「箸で食べられる洋食」として、当時加古川市内にあった食堂が考案したとされる。手軽に食べられることから加古川市内の食堂や喫茶店に広まり、地域の名物料理となった。

分厚いカツに「とんかつソース」系のタレをかけた「カツ乗せ飯」と呼ぶものから、薄切りのカツに上にタマネギなどが煮込まれたドミグラスソース系のタレをかけた「カツハヤシライス」と呼ぶものまで、各店舗ごとに様々なバリエーションがある。
北海道の郷土料理「エスカロップ」に良く似ているが、カツをのせるご飯がエスカロップはバターライスであるのに対し、かつめしは白飯になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

かつめしのおすすめサイト・通販情報

かつめしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。