日本の郷土料理図鑑

明石焼き

沈粉(じんこ)と呼ばれる粉と小麦粉を混ぜたものを卵と出汁で溶き、その中に細かく切ったタコを入れ丸く焼いたもので、兵庫県明石市の郷土料理。たこ焼きよりも、小麦粉に混ぜる卵の割合が多く、食べる時にだし汁のようなたれをつけて食べるのが特徴。
起源は、江戸時代の天保年間(1830年~1843年)、明石にあった工芸品である卵白を使った珊瑚の代用品「明石珠」の製作の際、余った黄身を再利用するために考案されたと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

明石焼きのおすすめサイト・通販情報

明石焼きに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。