日本の郷土料理図鑑

黒はんぺん

黒はんぺんとは、サバやアジ、イワシなどを使った茹で蒲鉾の事。色は灰白色で、形は半月状のものが多い。
静岡県中部を中心に、静岡県内ほぼ全域で食べられている。特に焼津市の名産品とされるが、静岡市や沼津市でも生産されており、郷土料理に使用される材料の一つにもなっている。
静岡で通常はんぺんと言えばこの黒はんぺんを指す。
「はんぺん」の名の由来は、駿河の料理人「半平」が作った事からという説や、半月型の形状から「半片」と呼ばれるようになったなど諸説ある。

その発祥は、駿府城にいた徳川家康が、イワシが大漁だった年に食べきれないイワシを日持ちするよう台所方の役人戸川半兵衛に命じたのが始まりとされている。
黒はんぺんの食べ方としては、醤油や柚子胡椒、マヨネーズ、マヨネーズ醤油などに付けてそのまま食べたり、炙ったものをそのまま、または醤油に付けて食べる、蒸す、静岡おでんの具材の1つとして、甘辛く煮付ける、フライ、から揚げなど様々なバリエーションがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

黒はんぺんのおすすめサイト・通販情報

黒はんぺんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。