日本の郷土料理図鑑

手こね寿司

手こね寿司とは、しょう油などで作ったタレに漬け込んだ「かつお」や「まぐろ」などの刺身を酢飯の上にのせたお寿司の事で、伊勢志摩を代表する郷土料理。お好みで、大葉やしょうが、刻みのりなどの薬味を散らして食べる。
志摩地方の漁師が漁に出る際、忙しい合間に時間をかけずに、また、腐らないように食べられる食事として、釣ったかつおをぶつ切りにしてしょう油をかけて酢飯にをのせ、手でこねて混ぜたのが始まりと言われる。また、海女の女性達の間でも、食事の準備に手間がかからず簡単に食べられ、かつ栄養価が高い食事としてが定着した。

その他、大漁の際のお祝いとして船主が船員にふるまったとも言われており、それが現在でもお祝いの席などで食べる習慣として残ったと考えられている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、三重県の郷土料理として「伊勢うどん」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

手こね寿司のおすすめサイト・通販情報

手こね寿司に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。