日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理三重県の郷土料理 >伊勢うどん(いせうどん)とは

日本の郷土料理図鑑

伊勢うどん(いせうどん)

伊勢うどんとは、たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた黒く濃厚でやや甘めのなつゆを、長時間軟らかく煮た極太の緬に絡めて食べるうどんで、三重県伊勢市を中心に食べられている郷土料理。うどんの麺を茹でる時間が約1時間ほどと非常に長い。具はネギ程度であまり他に添えずシンプルなのも特徴。
江戸時代以前からこの地域の農民が自分たちの食事のために作っていた地味噌のたまりをつけたうどんに、鰹節などのだし汁を加え食べやすくしたのが発祥とされる。やがて、伊勢参りの参拝客にうどんを振る舞う店が出てきたことで、多くの参拝客が参拝の行き帰りにこれを食べるようになり、伊勢の名物として定着。

現在では、広く日常的に食べられるようになった。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、三重県の郷土料理として「手こね寿司」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

伊勢うどん(いせうどん)のおすすめサイト・通販情報

伊勢うどん(いせうどん)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。