日本の郷土料理図鑑

ぼてぼて茶

ぼてぼて茶とは、島根県出雲地方に伝わる郷土料理。
乾燥した茶の花を茶碗に入れて煮出した番茶を注ぎ、よく泡立つように熱いうちに長めの茶せんで泡立てる。泡立てたお茶の中に、ご飯またはおこわ、椎茸、高野豆腐、黒豆、かんぴょう、漬物などの具を入れる。食べる時は箸を使わず、茶碗の底をとんとんと叩いて、具をお茶とともに流し込んで食べる。
「ぼてぼて茶」の名前の由来は、茶せんで泡立てる時に生じる音からと言われている。

その発祥は、かつて奥出雲の「たたら製鉄」の職人たちが、重労働の合間に片手で茶碗を持ち、座らずに立ったまま、茶の中に入れた食べ物を口に流し込む労働食だったと言う説や、松江藩七代藩主・松平不昧の時代に起こった飢饉の際の非常食だったという説、上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した茶法であったという説など諸説伝わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ぼてぼて茶のおすすめサイト・通販情報

ぼてぼて茶に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。