日本の郷土料理図鑑

冷や汁

冷や汁とは、宮崎県に伝わる郷土料理。「ひやしる」または「ひやじる」と発音する。「冷やし汁(ひやしじる)」と表記される場合もある。
アジやトビウオ、カマスなどの魚の身や味噌、胡麻を合わせて香ばしく焼き、それをイリコや昆布などでとっただし汁で溶き、豆腐やきゅうりを加え冷えたご飯(または麦飯)にかけて食べる。お好みで青じそやみょうがなどの薬味を使うが、各家庭料理や地域により作り方が異なる。

その歴史は古く、鎌倉時代の「鎌倉管領家記録」に既に「冷や汁」の記述が見られる。これが僧侶等によって全国に広まり風土の適した地域のみに残ったとされる。
元々は農家の繁忙期に、手間をかけずに簡単に食べられる食事として誕生したとされるが、戦後は各家庭でそれぞれ工夫され家庭料理として発達。現在でも、宮崎県の各家庭で一般的に食べられている。栄養価も高いため健康食としても食べられている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、宮崎県の郷土料理として「地鶏の炭火焼き」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

冷や汁のおすすめサイト・通販情報

冷や汁に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。