日本の郷土料理図鑑

ヒカド

ヒカドとは、野菜類(大根、人参、しいたけなど)と、魚(または鶏肉)などの具材を細かく切り、煮込んでしょう油で味を付け、すりおろしたさつまいもを加えとろみを付けたスープで 長崎の冬の郷土料理。
「ヒカド」とは、肉などを「細かく刻む」という意味のポルトガル語。
元々は、宣教師や貿易に携わっていた外国人が食べていた牛肉や豚肉を使ったシチューが、次第に地元の人々にも広がり、地域でとれる野菜、鶏、魚などを使うようになって現在の様なスタイルに定着したとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ヒカドのおすすめサイト・通販情報

ヒカドに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。