日本の郷土料理図鑑

皿うどん

皿うどんとは、魚介類(海老やイカ等)や野菜類(人参、玉ねぎ、キャベツ、しいたけ等)と豚肉、かまぼこ、竹輪などの具材をラードやサラダ油で炒め、麺を入れて豚骨などでとったスープをからませ、片栗粉でとろみをつけた餡を麺の上にかけて食べる長崎県の郷土料理。その名前から、うどんの一種と思われがちだがむしろ焼きそばに近い。
ちゃんぽんと同様、長崎市にある中華料理店「四海樓」の初代店主「陳平順」が考案。

当時から長崎ではちゃんぽんの出前が盛んで、その際にスープがこぼれないようにとろみをつけたのが始まりとされる。そのため、当初の麺や具材はちゃんぽんとほぼ同じで、見た目がお皿に盛った焼きうどんの様だった事などから「皿うどん」との名が付いた。
麺は、細麺を油で揚げた通称「バリ麺」と呼ばれるものと、中華麺を焼いたものの2種類がある。また、長崎ではウスターソースをかけて食べるのが一般的。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

皿うどんのおすすめサイト・通販情報

皿うどんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。