日本の郷土料理図鑑

六兵衛(ろくべえ)

六兵衛とは、サツマイモを原料とした押し出し式の麺で、長崎県島原半島周辺と対馬で食べられている郷土料理。
江戸時代島原を飢饉が襲った際、深江村の名主「六兵衛」が保存食のサツマイモ粉を食べる方法として考案した事からこの名が付いたとされる。
「六兵衛突き」と呼ばれる穴を開けた鉄板を取り付けた板に生地を押し付けて、湯を沸かした釜の上で押し出しそのまま茹でる。

島原地方の六兵衛は、製粉したサツマイモの粉を水でこねて、つなぎとしてすり下ろした山芋を加えるのが特徴。かつお節や昆布でとっただし汁で食べる。
対馬地方の六兵衛は、「せんだんご(サツマイモを細かく切って発酵させ、でんぷん質を取り出した保存食)」を水で戻して作る。つなぎは使わない。食べる際は麺の上に澄まし汁をかける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

六兵衛(ろくべえ)のおすすめサイト・通販情報

六兵衛(ろくべえ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。