日本の郷土料理図鑑

栗タルト

栗タルトとは、焼いたカステラ生地に栗の入ったあんを巻いて作るロールケーキ状のもので、愛媛県松山市の郷土菓子。一般的なタルトといえば、皿状にした生地にフルーツなどを盛り付ける焼き菓子のイメージが強いが、愛媛県ではこのロールケーキ状のお菓子を指す。
起源は1647年(正保4年)、松山藩主・松平定行により長崎から伝えられた事から。元々は、カステラの中にジャムが入った南蛮菓子だったが、松平定行により現在のあん入りのタルトが考案されたと考えられている。その後、久松松平家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり愛媛銘菓となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

栗タルトのおすすめサイト・通販情報

栗タルトに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。