日本の郷土料理図鑑

美酒鍋(びしょなべ)

美酒鍋とは、鶏肉や豚肉、野菜類の具材を、日本酒と塩、胡椒などで味付けをした鍋料理で、東広島市西条地域で食べられる郷土料理。
「鍋」とは言っても調理には鉄板を用いることが多く、汁気をほとんど出さない炒り煮状態で食べる。味付けには日本酒が使われるが、アルコール分が抜けて酒のうまみだけが残るため、お酒が苦手な人や幅広い年齢層の人でも食べられる。

終戦直後、西条の日本酒メーカーの専務が、安く手に入る鶏の内臓を使ったもてなし料理として考案し、たまには若い蔵人にも腹一杯の料理を食べさせたいという気持ちから酒蔵の賄い料理として広まった。
考案者が石川であった事から「五右衛門鍋」と呼ばれていたが、かつて酒蔵で働く若い蔵人を、水仕事の多さから常に着物が「びしょ濡れ」であったため「びしょ」と呼んでいた事に由来し「びしょ鍋」と呼ばれるようになった。「美酒鍋」の字は近年になってあてられたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

美酒鍋(びしょなべ)のレシピ・作り方

1.にんにくを薄くスライスし、長ねぎ、人参、白菜、たまねぎなどの野菜類は食べやすい大きさに切る。コンニャクは小さく手でちぎり茹でる。
2.砂肝は薄切りにし、豚肉、鶏肉は食べやすい大きさに切る。
3.豚肉、鶏肉、砂肝を鉄板に入れ、油が溶けたらにんにくを加えて炒める。
4.野菜類、豆腐などの材料を入れ、日本酒を少しずつ加えながら煮詰める。塩、胡椒で味を整えたら出来上がり。溶き卵を絡めるなどして食べる。

 

美酒鍋(びしょなべ)のおすすめサイト・通販情報

美酒鍋(びしょなべ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。