日本の郷土料理図鑑

大手まんぢゅう

大手まんぢゅうとは、岡山市の「大手饅頭伊部屋」によって作られている薄皮の酒饅頭の事。岡山市の銘菓として知られ「大手」の略称でも呼ばれる。
饅頭のひとつひとつが、巾着の様な紙箱にそれぞれ包まれているのが特徴。
岡山市の土産菓子としては、吉備団子に比べ知名度では劣るが、岡山市民を中心に人気のあるお菓子であり、岡山市民が県外に土産品として持って行く事が多いとされている。お土産品売り場において吉備団子は他地区の、大手まんぢゅうは地元の人々が購入する傾向にあるという。
その誕生は1837年(天保8年)。当時の店舗が岡山城大手門のそばにあったことから、時の岡山藩第7代藩主・池田斉敏により「大手まんぢゅう」と名づけられ、その後も池田氏代々の藩主に愛された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

大手まんぢゅうのおすすめサイト・通販情報

大手まんぢゅうに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。