日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理岡山県の郷土料理 >むらすゞめ(むらすずめ)とは

日本の郷土料理図鑑

むらすゞめ(むらすずめ)

むらすゞめとは、クレープ状に焼いた外皮を裏返し、焼けている方の面につぶ餡をのせ半円状に丸めたもので、岡山県倉敷市に本社を置く和菓子店「橘香堂(きっこうどう)」が製造販売している和菓子。
江戸時代、倉敷の人々が豊作を祈願して踊った盆踊りが、まるで稲穂に群がる雀のようであったと言われたことから、明治初期に橘香堂の初代がこの話を基に和菓子を考案し、その様子から「むらすゞめ」と命名。また、むらすゞめの形が半円状になっているのは、その盆踊りでかぶっていた編み笠の形を模したとされる。
現在では、「吉備団子」「大手まんぢゅう」などと共に、岡山県を代表する郷土菓子として知られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

むらすゞめ(むらすずめ)のおすすめサイト・通販情報

むらすゞめ(むらすずめ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。