日本の郷土料理図鑑

お好み焼き(関西風)

お好み焼きとは、水や卵で溶いた小麦粉に、野菜類、肉類、魚介類などの具材を入れ、鉄板の上で両面を焼き上げ、ソースやマヨネーズなど調味料をつけて食べるもの。仕上げには、かつお節や青のりなどをかける。
大阪地方を中心とする関西風お好み焼きは、生地に直接刻んだキャベツを混ぜたり、すりおろした山いもを混ぜ込む場合もある。地元関西では「お好み」と呼ばれる事が多い。

戦前から既にあったとされ、屋台などで「洋食焼き」や「一銭洋食」として食べられていた。当時は、小麦粉を水で溶き鉄板の上で円状に広げ、その上にネギや天かすなどを載せて焼く「のせ焼き」が主流で、おやつ感覚で食べられていたとされる。戦後頃になると、関西の下町などでお好み焼き屋が数多く増え、庶民の親しまれる日常の食べ物となっていった。
現在では、お好み焼きをご飯のおかずとする人が多いのが大阪の特徴。また、関西のお好み焼き屋、定食屋にはご飯を添える「お好み焼き定食」を出す店もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

お好み焼き(関西風)のおすすめサイト・通販情報

お好み焼き(関西風)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。