日本の郷土料理図鑑

たくあんの煮物

たくあんの煮物とは、古たくあん漬けをだしやしょう油などで煮付けし、仕上げに唐辛子などを散らしたもので、京都府、滋賀県、福井県、石川県、富山県などに伝わる郷土料理。酒のつまみやご飯のおかず、お茶漬けのつけ合わせとして、温かいまま、または冷やしたものを、主に夏から秋にかけて食べる。
地域や各家庭によりその呼び名は異なり、「たくあんの煮たの」「たくあんの炊いたん」「贅沢煮」「ふるさと煮」などと呼ばれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

たくあんの煮物のレシピ・作り方

1.2~3mmの厚さで輪切りにした古たくあんと水を容器に入れ、30分程度置いたあと水気を切る。
2.1を鍋に入れて水を入れ、たくあんが柔らかくなるまで煮る。途中で何度か水を取り替える。
3.たくあんが柔らかくなったら水を捨て、だし、しょう油、胡麻油(大さじ1)を加えて再び煮る。
4.たくあんにしょう油味が付いたら火を止め、皿に盛りつけ白胡麻と輪切りにした赤唐辛子を散らして出来上がり。

 

たくあんの煮物のおすすめサイト・通販情報

たくあんの煮物に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。